自然界にごく当たり前にある 「風景」を人間の手で再現するには、 多くの経験とそこから養われる「感」が必要になります。

「巧の技」とは、自然がありのままに息づき、そこに住まう人に感動を与え、

そして長い年月と共に様々な思い出を育める。そんな「庭造り」でなければなりません。

庭と家屋が一体となる「たたき」と呼ばれる技法では、「庭」に活きる生き物が発する空気をそのまま家の中に取り込むように、様々な工夫が施されます。
日本人が悠久の昔から育んだすばらしい「知恵」の結晶です。

自然の持つ素晴らしさと日本人の持つ優れた感性を融合させることで、生まれた本物の「庭造り」を私たちは提案して参ります。

巧の技_1
巧の技_2

私たち桂造園が、心から丹精込めて造りあげた「庭造り」の傑作です。今まさに、地元鹿児島に息づく本物の庭造りをご覧ください